酸洗いの手順

金属加工における酸洗いのメリット

酸洗いとは、金属の熱処理や溶接によって発生した「焼け」「スケール」「サビ」などを硫酸や塩酸などの「酸」で除去する作業です。
金属加工において表面処理は重要なポイントになります。酸洗いのメリットは、他の処理方法と比較すると安価なであり、ステンレスに均一に反応させることができます。メッキ前や塗装工程のスムーズな下地処理のためには脱脂が必要です。処理が不十分だとメッキは密着不良になってしまうため酸洗いはメッキ前の作業には欠かせません。処理後は油分が除去されメッキや塗料の密着が良くなります。
酸洗いをするためには段取りが重要です。製品にムラができないように、酸が均等に行き渡るように丁寧な作業が求められます。

酸洗いは廃水処理までしっかり行う

酸洗いの段取り後は前処理として脱脂を行います。この作業で金属に付着した油分なども除去します。前処理後の油分や付着物、前処理で使用した液を水洗いしてから酸洗いの工程へ入ります。金属に均一に酸が行き渡るように工夫をこらして酸槽へと漬けます。酸洗い後は高圧の洗浄機で水洗いして酸を落とし、さらにここでもう一度水洗いの手間を加えると仕上がりに差が出ます。強制乾燥や自然乾燥を状況を見ながら選択し乾燥させます。
酸洗いは有毒な処理剤を使用したり、亜硝酸ガスは発生したりする場合があり、廃水処理や排気設備がないと危険です。廃液には溶けだした金属が入っている場合もあります。酸洗いを行うには、設備が整った環境を行うことが大切です。

酸洗を行うと、金属の表面にできた酸化皮膜やサビを取り除くことができます。素材の表面を美しくしたり、工程の下地処理を目的として行われるものです。